鹿肉ドッグフードのベニソン|シニア犬との幸せなくらし

TOPへ戻るシニア犬との幸せなくらし【カラダのこと食事のこと】シニア犬のダイエットはドッグフードの見直しから…愛犬の肥満の原因を正しく知る。

シニア犬のダイエットはドッグフードの見直しから…愛犬の肥満の原因を正しく知る。

19-08-21

うちの子、歳をとるにつれ太ってしまい、最近寝てばかりで元気がない。あんなに大好きだった散歩も嫌がるようになって、このまま寝たきりにならないか心配で…

あんなに幼かった愛犬も年をとるのは早く、7歳がシニアの入り口です。10歳も過ぎれば立派な老犬といわれる年齢となり、老いによるカラダの衰えが急速にはじまります。

大切な家族だから、いつまでも元気で一緒にいたいですよね。そんな我が子のために飼い主としてまず見直して欲しいのがこれまで食べていたドッグフード。それが乾燥したドライフードなら愛犬を苦しめる原因になっているかもしれません。

シニア犬が太るのはドッグフードが原因!?

犬にとって肥満は万病のもと。年をとることで、カラダの代謝が衰え、さらに運動量が減るために太りやすくなる傾向があります。40代を過ぎて中年と呼ばれる年齢に入ったヒトと同じ理屈です。

人間も年をとれば、脂っこいものやジャンクフードを食べ無くなるように、自分のカラダが求める食事が変わるはず。愛犬も同様です。

バーフダイエット

ただ、犬と人間は身体構造がまったく異なります。愛らしいうちの子も、そもそもは肉食動物。祖先は草食動物を狩って生のまま食べることで、生きるために必要な栄養素を効率良く摂取していました。

そのため歯の形状は鋭くとがっており、強い顎で獲物を引き裂くのに適しています。消化器官は短くできており、植物繊維には不向きです。また、強酸性である胃酸は骨を溶かすくらいに強力ですが、炭水化物の消化は苦手です。

犬の正しいダイエットは食事の見直しから

一般的なドッグフードは、様々な穀類を使用していますが、犬は穀類を処理する消化酵素を持っていません。特に、小麦やとうもろこしといった穀類は犬にとってアレルギーを起こしやすい原料の筆頭でもあります。

それでも元気な若いうちはなんとかなっていたものを、身体機能が衰えたシニア犬になると、ドッグフードから生きるためのエネルギーを得ることが難しくなってしまうのです。

主食だったものを食べなくなるので、あまり動かなくなって筋肉が減少します。筋肉が減少するとカラダ全体の代謝が低下するので、さらに食べなくなってを繰り返し、ついには寝てばかりなんてことに…そんな状態で、これまで同様に大好きなおやつだけは食べていたら太りますよね。

太りすぎで高まる病気のリスクとは

愛犬の肥満はさまざまな病気へのリスクを高めます。はじめは、皮膚がたるんで、毛艶が悪くなります。そのまま放っておくと、関節への負担から関節炎にかかったり、ひどい場合には椎間板ヘルニアを発症することもあります。

また、脂肪によって腸が圧迫されるために便秘がちになったり、おやつの過剰摂取で糖尿病になってしまう子もいます。肥満で気道が圧迫されて、呼吸困難にさえなる子もいます。そして、これらはすべて飼い主の責任です。

生食ではじめる健康習慣のすすめ

生食(生肉)が基本の野生動物に肥満はいません。生肉は、犬が本来もっとも必要とする良質の動物性たんぱく質に加えて、ビタミンやミネラル、食物酵素が豊富に含まれています。

犬はカラダを維持するために、人よりはるかに多くのたんぱく質を必要とします。また、消化吸収のために多量の酵素を必要としますが、これは乾燥ドッグフードには含まれていないため、他の食物から摂取しなければいけません。

シニア犬がしなやかで健康的なカラダを維持するためには、もともと犬の主食であった生肉が最適な食材です。年をとったら肉食が基本。乾燥ドッグフードから犬本来に近い食事を与えることで、健康を長く維持できるケースが多くあります。 まずは既存のフードに置き換えて、お手軽にできる生肉のトッピングから試してあげてみませんか。

淡路島産鹿肉トッピング用フードはこちら

淡路島産鹿肉トッピング用フードベニソン