鹿肉ドッグフードのベニソン|シニア犬との幸せなくらし

TOPへ戻るシニア犬との幸せなくらし【カラダのこと】老犬に訪れる変化とは。老化はどこからやってくる?カラダ編。

老犬に訪れる変化とは。老化はどこからやってくる?カラダ編。

20-11-09

老犬

あんなに小さいかったうちの子もいつの間にか老犬といわれる年齢に。老化の症状を見逃さず愛犬との接し方を変えてあげることで、健康寿命を延ばしてあげることができます。

一般的に犬の感覚は、聴覚、視覚、臭覚の順に衰えていくと言われています。消化器官の衰えや筋肉の減少など老化にともなっておこる症状にいち早く対処してあげることで、まだまだ元気でいてくれます。

ずっと元気で一緒にして欲しいから。この記事ではわかりやすい外見の変化から、見えない体の中で起こっている変化まで、カラダの変化にポイントをあててご紹介いたします。

老犬に現れるカラダの症状とは

白髪犬

白髪が増えた

目や口のまわりの毛から白髪が増えてくるようになります。その後カラダ全体に白髪が広がっていきます。

被毛に艶が無くなった

毛がパサつくようになり、触ってもゴワゴワとした感触がするようになります。抜け毛が多くなり、また被毛が伸びるスピードも遅くなってきます。

呼んでも反応が弱くなった

聴力が低下するので、名前を呼んでも気づかなかったり、外から帰宅しても気づかずに寝ているといったことが増えてきます。

目が見えづらくなった

もともと目はよく見える方ではありませんが、犬種によっては白内障にかかりやすく眼球が白く濁ってくると、ちょとした物につまづいたり、歩いていてよく物にぶつかるようになります。

口臭がきつくなった

消化能力が衰えてくるために、内臓疾患により口臭がきつくなります。また、噛むチカラも衰えてくるので、歯石がたまりやすくなって口臭の原因になることもあります。

老犬に現れるカラダの変化とは

散歩嫌い犬

消化吸収力が低下する

老化によって臓器の働きが低下していきます。これまでは消化できていたフードも咀嚼するチカラが衰えたり、消化酵素の分泌が少なくなるので、栄養の吸収効率が落ちます。年をとったら犬本来の肉食が基本です。少しづつでも、低カロリーで高たんぱくの老犬に適した食事に見直してあげてください。

ベニソンお試し

筋肉量が減少する

年を経るとともに筋力は低下します。筋力の低下とともにお散歩の時間が減ったり、寝ている時間が増える傾向にあります。筋力の低下は顔の表情にも現れてまぶたが緩んだり、口元がたるんできたりします。無理のない範囲でできるだけ楽しみながら歩かせてあげることを心がけてください。

下痢をしやすくなる

消化が苦手なものを食べると下痢をしやすくなります。ストレスや冷えにも敏感になり、ちょっとしたことで体調を崩しやすくなります。

体重が増減しやすくなる

加齢によって体重が増えやすくなる子と減りやすくなる子がいます。食べる量が変わらないのに太る子は、カラダの代謝が悪くなっているため。逆に痩せてしまう子は消化吸収力が衰えてしまっているためです。体重の減少が大きければ、なんらかの疾患を抱えている可能性がありますので早めに主治医に相談してください。

後ろ足が細く、おしりが小さくなる

犬の老化は後ろ足から始まります。同時に腰まわりの筋肉も衰えてきますので、見た目にもおしりが小さくなってきます。歩けなくなると一気に老化がすすむので、できるだけ筋力を維持できるよう食事と運動バランスを見直してあげてください。

ずっと元気でそばにいてほしいから。
カラダに適した愛犬本来の食事を。

【公式通販サイト】国産・無添加 ジビエドッグフード マウンテンズギフトはこちら
便利でお得な定期便 鹿肉トッピング用フードベニソン
【便利でお得な定期便】鹿肉トッピング用フードはこちら
便利でお得な定期便 鹿肉トッピング用フード
【便利でお得な定期便】鹿肉トッピング用フレッシュフードはこちら
便利でお得な定期便 鹿肉トッピング用フレッシュフード
【手作りフード・トッピング・おやつ】amazonストアはこちら
【手作りフード・トッピング・おやつ】楽天市場店はこちら