鹿肉ドッグフードのベニソン|シニア犬との幸せなくらし

TOPへ戻るシニア犬との幸せなくらし【カラダのことココロのこと】老犬の夜泣きは認知症のせいかも?その原因と対処法について。

老犬の夜泣きは認知症のせいかも?その原因と対処法について。

20-11-17

夜鳴き犬

愛犬の夜泣きは隣近所にまで迷惑をかけることになって困りますよね。いつもと違う単調で甲高い声で泣く場合には認知症の疑いも大です。真夜中の夜泣きは飼い主の睡眠不足だけでなく、精神的負担も大きい悩ましい問題です。

認知症になると、老犬にかぎらず人でも昼夜が逆転しまうことはよくあります。まず、愛犬が何を訴えたいのか、思いあたる原因があれば解決して、不安に思っていることを取り除いてあげましょう。

加齢によって感覚が衰え、カラダも思うように動かせなくなったことで、飼い主に助けを求めて夜泣きしているのかもしれません。その場合には、そぐそばで一緒に寝てあげるだけで落ち着くこともあります。

生活のリズムを整えてあげる

老犬夜泣き

認知症が原因の夜泣きを解消するために重要なポイントの一つ目は、生活のリズムを整えてあげることです。体内時計を正常にすることで、明るい時間に起きて、夜に寝る習慣に戻します。

寝たきりになってしまった子は、昼間は太陽のあたる窓のそばに移してあげましょう。陽の光りを浴びることで、体内時計がリセットできるだけなく、脳に良い刺激を与えることもできます。

昼間はできるだけ外に連れ出してあげる

夜泣き解消への二つ目のポイントは、昼間に運動をさせることです。老犬になると十分な運動をさせるのが難しくなりますが、愛犬のカラダの状態や体調にあわせて、無理のない範囲で運動を取り入れましょう。

短い時間でも良いのでお散歩に連れ出して、新鮮な刺激を与えてあげること、他の犬と挨拶させてあげることは認知症にも有効です。外に出られない子は、起き上がって少し歩くだけでもカラダを動かす意味があります。

できるだけ傍にいてあげる

大好きな飼い主とスキンシップは脳の良い刺激となるだけでなく、ココロの安定にもつながります。年齢を経てカラダが思うように動かなくなると、どうしても不安感が増しストレスが溜まります。

スキンシップのいっかんとしてマッサージしてあげるのも良いです。血流を良くして代謝をあげることで、安眠効果も期待できます。皮膚を優しくなでるだけでも十分なリラックス効果があります。

サプリメントを試してみる

老犬夜泣き

EPAやDHAなどの認知症に効果があると言われているサプリメントを試してあげる。ラベンダーやカモミールなどリラックス効果の高い天然ハーブを試してあげるのも良いと言われています。

サプリメントの効果は個体差がありますので、色々と試してあげることで生活に変化をつけるのも脳には良い刺激です。不安をやわらげ、ストレスが少ない生活環境にしてあげることで夜泣きが軽減することもあります。

獣医師に相談する

どうしても夜泣きが改善しないようなら、睡眠導入剤や精神安定剤の服用を検討するのも解決策のひとつです。しっかりと獣医師に相談したうえで、愛犬にあった処方をしてもらいましょう。夜泣きを続けることは、飼い主だけでなく犬にとっても辛いことです。毎晩の夜泣きが軽減しないようなら、早めに獣医に相談することをおすすめします。

薬に頼ることに抵抗を感じる飼い主さんも多いですが、獣医師の意見も参考にしながら、適切な医療処置をとることは、愛犬にとっても快適な生活を取り戻す一助になるでしょう。

愛犬のごはんと寿命のおはなし

うちの子の健康長寿の
秘けつは食べ物に。

ペット先進国であるヨーロッパで行われた大規模調査で、従来のドッグフードだけでは平均寿命が10.4歳だったに対し、ドッグフードに手作りごはんをミックスした子の平均寿命は11.9歳、手作りごはんだけを食べている子の平均寿命は13.1歳※1という統計結果があります。

愛犬に毎日、食事する喜びを

体調や季節、旬の新鮮な食材からさまざまな栄養素をとることでバランスを整えていく。私たちの食事と同じように、うちの子の食事もそうあるべき。食べることは生きること。様々なメニューを味わせてあげることで、愛犬に食事の喜びを教えてあげてください。

※1 Relation between the domestic dogs’ well-being and life expectancy statistics essaay (2003年8月14日調べ)

7歳を過ぎて
シニアと呼ばれる年齢になったら

シニア犬が健康な体のコンディションと筋肉を維持するためには、成犬時より30~50%程度多くのたんぱく質が必要になると言われています。シニアになると代謝機能も低下します。これまでの食事の一部から、消化吸収のしやすい良質の動物性たんぱく質メインのごはんに置き換えてあげることをおすすめします。
また、年齢とともに運動量も減ってしまうことから、肥満防止のために低エネルギーの食事にしてあげることも必要です。健康寿命を延ばしてあげるために、年をとったらヘルシーな肉食が基本。身体器官が衰えてくるほど、愛犬のカラダは本来の食性に近いものを求めるようになります。

※2 アメリカンケネルクラブ「How Much Protein Should My Senior Dog Eat?」を元に作図

ずっと元気でそばにいてほしいから。
カラダに適した愛犬本来の食事を。

【便利でお得な定期便】鹿肉トッピング用フードはこちら
便利でお得な定期便 鹿肉トッピング用フードベニソン
【手作りフード・トッピング・おやつ】amazonストアはこちら
【手作りフード・トッピング・おやつ】楽天市場店はこちら